Scientific Linuxで自宅サーバー構築
[ ]


最終更新日: 2015.06.23

サイト公開日2011.06.26
累計201200 
今日0018 
昨日0070 

<<新着情報 <<リンク集 <<サイト内検索 <<管理人へメール <<CentOSで自宅サーバー構築 <<Fedoraで自宅サーバー構築

■はじめに

LinuxディストリビューションのひとつであるScientific Linux(Wikipedia)で自宅サーバーを構築したときの記録です。
Scientific LinuxはCentOS同様の企業向けLinuxで最もシェアが高い「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」を基に作られている“RHELクローン”。
当サイトはScientific Linuxで構築した自宅Webサーバーから発信しており、 8 日間と 2 時間 54 分 連続稼動しています。


■前提条件

  • サーバーマシンはWindowsがインストールされていたマシン(x86機)を使用(当サイトはFUJITSU PRIMERGY TX100 S1を使用)
  • ルーター経由接続によるインターネット常時接続環境である(当サイトは光ファイバー(Bフレッツ・マンションタイプVDSL方式)によるインターネット常時接続環境)
  • 固定または非固定のグローバルIPアドレス環境である(当サイトはASAHIネットの固定グローバルIPアドレス環境)
  • OSのインストール時を除き、サーバーの操作はWindowsからコマンド操作で行なう(当サイトはWindows7からリモート操作)

■Scientific Linuxニュース

Loading...

■コンテンツ

※ホスト名やドメイン名、IPアドレスは各自の環境に置き換えること
※各目次に表記してあるバージョンは、当サイトで確認をとったScientific Linuxのバージョンを示しており、そのバージョンでないとできないということではない
※各ページのソフトのバージョンは、当サイトで確認をとった時点のものであり、最新版の有無は適宜確認してください
  1. Scientific Linuxインストール
    1. Scientific Linux6インストール SL6固有

  2. クライアント(Windows)からLinuxサーバーをリモート操作する
    1. WindowsからSSHサーバーへリモート接続(TeraTermパスワード方式ログイン編)

    −−これ以降はクライアント(Windows)からリモート接続で行う−−


  3. Scientific Linux初期設定
    1. Scientific Linux 6初期設定 SL6固有

  4. サーバー公開前のセキュリティ強化
    1. rootkit検知ツール導入(chkrootkit) SL6
    2. アンチウィルスソフト導入(Clam AntiVirus) SL6
    3. ファイアウォール構築(iptables) SL6

  5. システム時刻を自動的に合わせる
    1. NTPサーバー構築 SL6

  6. クライアント(Windows)からLinuxサーバーをリモート操作する
    1. SSHサーバー構築(OpenSSH) SL6
    2. WindowsからSSHサーバーへリモート接続(TeraTerm鍵方式ログイン編)

  7. 外部からドメイン名でサーバーにアクセスできるようにする
    1. ドメイン名取得(独自ドメイン編)※有料
    2. ドメイン名取得(ieServer.Net編)※無料

  8. 内部からドメイン名でサーバーにアクセスできるようにする
    1. DNSサーバー構築(BIND) SL6

  9. Webサーバーを公開する
    1. Webサーバー構築(Apache) SL6
    2. Webサーバー間通信内容暗号化(Apache+mod_SSL) SL6
    3. ユーザーディレクトリ作成(/~ユーザー名/) SL6
    4. Webページパスワード制限(htpasswd) SL6
    5. バーチャルホスト設定 SL6
    6. Webサーバー間通信内容圧縮(mod_deflate) SL6

  10. Windowsで作成したWebページをWebサーバーへアップロードする(scp使用)
    1. WindowsからSSHサーバーへファイル転送(WinSCP)

  11. Webページへのアクセス統計をWebブラウザからみれるようにする
    1. Apacheアクセスログ解析(AWStats) SL6
    2. バーチャルホスト用アクセスログ解析(AWStats) SL6
    3. リファラスパム対策 SL6

  12. 自宅サーバーのWebサイト内をGoogleのように検索できるようにする
    1. サイト内検索システム構築(Namazu) SL6

  13. 独自のメールアドレスをつくる
    1. メールサーバー構築(Postfix+Dovecot)SL6
    2. メールサーバー間通信内容暗号化(OpenSSL+Postfix+Dovecot)SL6
    3. メールサーバーでウィルス&スパムチェック(Postfix+Clam AntiVirus+SpamAssassin)SL6
    4. バーチャルドメイン設定(Postfix)SL6
    5. メール自動返信機能導入(Vacation)SL6
    6. メーリングリストサーバー構築(Postfix+Mailman)SL6

  14. メールサーバー共通
    1. OP25B(Outbound Port 25 Blocking)対策 SL6
    2. 複数ドメイン宛メールの集約(Fetchmail) SL6

  15. 一般ユーザにWebブラウザ上での各種設定機能を提供する
    1. Usermin導入(Usermin) SL6
    2. UserminでVacation設定(Usermin::Vacation) SL6

  16. HotmailやYahoo!メールのようにWebブラウザ上でメールできるようにする
    1. Webmailシステム構築(SquirrelMail) SL6

  17. LinuxサーバーをWindowsのファイルサーバーにする
    1. Windowsファイルサーバー構築(Samba) SL6

  18. LinuxサーバーをDLNA対応家電のデジタルメディアサーバーにする
    1. DLNAサーバー構築(MediaTomb)SL6

  19. データベースシステムを作る
    1. データベースサーバー構築(MySQL) SL6
    2. MySQLデータベース自動バックアップ運用(mysqlhotcopy) SL6

  20. Weblog(ブログ)サイトを作る
    1. ブログサイト構築(WordPress) SL6

  21. SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)を作る
    1. SNS構築(OpenPNE) SL6

  22. Javaで動的なWebページを作る
    1. Javaアプリケーションサーバー構築(Tomcat6) SL6

  23. サーバーの状態をブラウザから監視する
    1. 統合監視システム構築(Nagios) SL6
    2. 性能統計グラフ追加(Nagios+PNP) SL6

  24. サーバーのファイルを自動的にバックアップする
    1. 自動バックアップ運用(tar+GnuPG+rsync) SL6
    2. リアルタイムミラーリングツール導入(lsyncd+rsyncd) SL6

  25. 外部から安全にLANへ接続できるようにする
    1. VPNサーバー構築(OpenVPN) SL6
    2. Windows上にVNCサーバー導入(UltraVNC)





▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2012 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします