Javaアプリケーションサーバー構築(Tomcat6)

最終更新日: 2012.06.22

<<トップページ <<新着情報 <<サイト内検索 <<CentOSで自宅サーバー構築 <<Fedoraで自宅サーバー構築

■概要

TomcatでJavaアプリケーションサーバーを構築する。

Webサーバーが構築済であること


■JDKインストール

(1)JDKダウンロード
Java SE DownloadsのサイトからJDKのRPMをダウンロードし、WinSCP等でサーバーの/rootディレクトリへアップロードする。

(2)JDKインストール
[root@scientific ~]# chmod +x jdk-6u29-linux-i586-rpm.bin ← 実行権限付加

[root@scientific ~]# ./jdk-6u29-linux-i586-rpm.bin ← JDKインストール

Press Enter to continue..... ← 空ENTER
 
Done.

[root@scientific ~]# rm -f jdk-6u29-linux-i586.rpm ← 抽出したRPMファイルを削除

[root@scientific ~]# rm -f sun-javadb-*.rpm ← 抽出したRPMファイルを削除

[root@scientific ~]# rm -f jdk-6u29-linux-i586-rpm.bin ← ダウンロードしたファイルを削除

■JDK設定

[root@scientific ~]# vi /etc/profile ← 環境変数設定ファイルを編集
以下を最終行へ追加
export JAVA_HOME=/usr/java/default
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

[root@scientific ~]# source /etc/profile ← 環境変数設定を反映

■JDK確認

[root@scientific ~]# vi HelloWorld.java ← JAVAサンプルプログラム作成
public class HelloWorld {
  public static void main(String[] args) {
    System.out.println("Hello World");
  }
}

※Hello Worldと標準出力に出力するJAVAサンプルプログラム

[root@scientific ~]# javac HelloWorld.java ← JAVAサンプルプログラムコンパイル

[root@scientific ~]# ls -al ← JAVAサンプルプログラムコンパイル結果確認
合計 16
-rw-rw-r--    1 root root      425  3月 11 22:22 HelloWorld.class ← classファイルが作成されていることを確認
-rw-rw-r--    1 root root      115  3月 11 22:22 HelloWorld.java

[root@scientific ~]# java HelloWorld ← JAVAサンプルプログラム実行
Hello World ← Javaサンプルプログラム実行結果

[root@scientific ~]# rm -f HelloWorld.* ← 作成したJAVAサンプルプログラムを削除

■Tomcatインストール

[root@scientific ~]# wget http://ftp.riken.jp/net/apache/tomcat/tomcat-6/v6.0.35/bin/apache-tomcat-6.0.35.tar.gz
 ← Tomcatダウンロード

※最新版のURLはダウンロードページで確認すること

[root@scientific ~]# tar zxvf apache-tomcat-6.0.35.tar.gz ← Tomcat展開

[root@scientific ~]# mv apache-tomcat-6.0.35/ /usr/local/tomcat ← Tomcat展開ディレクトリをリネームして移動

[root@scientific ~]# rm -f apache-tomcat-6.0.35.tar.gz ← ダウンロードしたファイルを削除

■Tomcat設定

[root@scientific ~]# vi /etc/profile.d/tomcat.sh ← tomcat用環境変数ファイル作成
export JAVA_HOME=/usr/java/default
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar
export TOMCAT_HOME=/usr/local/tomcat
export CATALINA_HOME=/usr/local/tomcat
export CLASSPATH=$CLASSPATH:$CATALINA_HOME/common/lib

■Tomcat起動

[root@scientific ~]# vi /etc/rc.d/init.d/tomcat ← Tomcat起動スクリプト作成
#!/bin/bash
#
# Startup script for the tomcat
#
# chkconfig: 345 80 15
# description: Tomcat is a Servlet+JSP Engine.

# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions
source /etc/profile.d/tomcat.sh

start(){
    if [ -z $(/sbin/pidof java) ]; then
        echo "Starting tomcat"
        /usr/local/tomcat/bin/startup.sh
        touch /var/lock/subsys/tomcat
    else
        echo "tomcat allready running"
    fi
}

stop(){
    if [ ! -z $(/sbin/pidof java) ]; then
        echo "Shutting down tomcat"
        /usr/local/tomcat/bin/shutdown.sh
        until [ -z $(/sbin/pidof java) ]; do :; done
        rm -f /var/lock/subsys/tomcat
    else
        echo "tomcat not running"
    fi
}

case "$1" in
    start)
        start
        ;;
    stop)
        stop
        ;;
    restart)
        stop
        start
        ;;
    status)
        /usr/local/tomcat/bin/catalina.sh version
        ;;
    *)
        echo "Usage: $0 {start|stop|restart|status}"
esac

exit 0

[root@scientific ~]# chmod +x /etc/rc.d/init.d/tomcat ← Tomcat起動スクリプトに実行権限付加

[root@scientific ~]# /etc/rc.d/init.d/tomcat start ← Tomcat起動
Starting tomcat
Using CATALINA_BASE:   /usr/local/tomcat
Using CATALINA_HOME:   /usr/local/tomcat
Using CATALINA_TMPDIR: /usr/local/tomcat/temp
Using JRE_HOME:        /usr/java/default
Using CLASSPATH:       /usr/local/tomcat/bin/bootstrap.jar

[root@scientific ~]# chkconfig --add tomcat ← Tomcat起動スクリプトをchkconfigへ追加

[root@scientific ~]# chkconfig tomcat on ← Tomcat自動起動設定

■Tomcat確認

http://サーバー名:8080/examples/servlets/にアクセスしてServlet Examplesページが表示されることを確認
http://サーバー名:8080/examples/jsp/にアクセスしてJSP Examplesページが表示されることを確認

■Apache/Tomcat連携

URLに8080を指定しなくてもいいように、ApacheとTomcatを連携するようにする
[root@scientific ~]# vi /etc/httpd/conf.d/proxy_ajp.conf ← proxy_ajp.conf編集
以下を最終行へ追加
ProxyPass /tomcat/ ajp://localhost:8009/

[root@scientific ~]# /etc/rc.d/init.d/httpd reload
httpd を再読み込み中:                                      [  OK  ]

■Apache/Tomcat連携確認

http://サーバー名/tomcat/examples/servlets/にアクセスしてServlet Examplesページが表示されることを確認
http://サーバー名/tomcat/examples/jsp/にアクセスしてJSP Examplesページが表示されることを確認






▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2011-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします