UserminでVacation設定(Usermin::Vacation)

最終更新日: 2012.06.22

<<トップページ <<新着情報 <<サイト内検索 <<CentOSで自宅サーバー構築 <<Fedoraで自宅サーバー構築

■概要

Usermin::Vacationを導入して、Webブラウザ上でVacationの設定が行えるようにする。

VacationUsermin導入済であること


■Usermin::Vacationインストール

[root@scientific ~]# wget "http://downloads.sourceforge.net/project/userminvacation/userminvacation/userminvacation-0.9/usermin_vacation-0.9.tar.gz?r=http%3A%2F%2Fduksta.org%2Fcode%2Fusermin-vacation%2F&ts=1308564100&use_mirror=jaist"
 ← Usermin::Vacationダウンロード

※最新版のURLはダウンロードページで確認すること

[root@scientific ~]# tar zxvf usermin_vacation-0.9.tar.gz ← Usermin::Vacation展開

[root@scientific ~]# cp -r vacation/ /usr/libexec/usermin/ ← Usermin::Vacation展開先ディレクトリを所定のディレクトリへコピー

[root@scientific ~]# mkdir /etc/usermin/vacation ← Usermin::Vacation設定ファイル格納ディレクトリ作成

[root@scientific ~]# cp vacation/config /etc/usermin/vacation/ ← Usermin::Vacation設定ファイルを所定のディレクトリへコピー

[root@scientific ~]# rm -rf vacation/ ← Usermin::Vacation展開先ディレクトリを削除

[root@scientific ~]# rm -f usermin_vacation-0.9.tar.gz ← ダウンロードしたUsermin::Vacationを削除

■Usermin::Vacation設定

(1)Usermin設定
[root@scientific ~]# vi /etc/usermin/vacation/config ← Usermin::Vacation設定ファイル編集
vacation_path=/usr/bin/vacation ← 変更

[root@scientific ~]# vi /etc/usermin/webmin.acl ← Usermin設定ファイル編集
user: changepass forward vacation ← vacationを最後尾に追加

[root@scientific ~]# /etc/rc.d/init.d/usermin restart ← Usermin再起動
Stopping Usermin server in /usr/libexec/usermin
Starting Usermin server in /usr/libexec/usermin

(2)日本語対応
[root@scientific ~]# cd /usr/libexec/usermin/vacation/ ← ディレクトリ移動

[root@scientific vacation]# vi save_vacation.cgi ← save_vacation.cgi編集
open(VACATION, ">$vacation_file");
↓
open(VACATION, "| /usr/bin/nkf -j >$vacation_file"); ← 変更(自動返信メッセージをJISに変換して保存)

[root@scientific vacation]# vi index.cgi ← index.cgi編集
        open(VACATION, $vacation_file);
    ↓
        open(VACATION, "/usr/bin/nkf -e $vacation_file |"); ← 変更(自動返信メッセージをEUCに変換して取得)

[root@scientific vacation]# cd lang/ ← ディレクトリ移動

[root@scientific lang]# vi en.org ← en.org作成
index_title=メール自動返信
index_desc=自動返信するメッセージを設定してください.
subject_desc=件名:
subject_text=Re:$SUBJECT
from_desc=送信元:
body_desc=メッセージ:
body_text=私は来週まで留守にしています。戻ったらメールを読みます。
vacation_enable=設定する
vacation_disable=解除する
vacation_update=メッセージを更新する

[root@scientific lang]# nkf -e en.org > en ← en.orgをEUCに変換

[root@scientific lang]# cd .. ← ディレクトリ移動

[root@scientific vacation]# mv module.info module.info.org ← module.infoをリネーム

[root@scientific vacation]# vi module.info.org ← module.info.org編集
desc=Vacation Auto-Reply
↓
desc=メール自動返信 ← 変更

[root@scientific vacation]# nkf -e module.info.org > module.info ← module.info.orgをEUCに変換

[root@scientific vacation]# cd ← ホームディレクトリへ戻る

■Usermin::Vacation確認

https://サーバー名:20000/にアクセスする。
一般ユーザでログイン⇒「その他」⇒「メール自動返信」で、「件名」、「送信元」、「メッセージ」を必要に応じて編集し、「設定する」ボタン押下。

該当ユーザ宛にメールを送信し、設定した内容のメールが即返信されてくることを確認。






▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2011-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします